海月姫 ドラマ 動画 4話pandoraフル/dailymotion/9tsu

海月姫(くらげひめ)ですが、フジテレビオンデマンド(FOD)のFODプレミアムというビデオオンデマンドサービスでフルに
見放題です

 

FODプレミアムは、yahooID入会者に限り雑誌読み放題や放映中最新ドラマの海月姫(くらげひめ)など見放題です

 

月額888円が入会日よりカウントして31日間無料お試しキャンペーンで0円でfreeになります

 

さらに無条件で、新規入会者も1300ポイント
付与されるため最新作映画や電子書籍、コミックも見放題です

 

そんなFODプレミアムの公式サイトは下記です

 

 

海月姫(くらげひめ)動画をfodで視聴した先週のネタバレ

 

フジテレビのドラマ「海月姫」の第3話を見ました。

 

月海(芳根京子さん)は蔵之介(瀬戸康史さん)からクラゲのドレスを作ろうと言われた。

 

月海はハナガサクラゲのドレスが欲しいと言った。

 

そこに、ばんばさん(松居玲奈さん)が現れて、蔵之介は逃げた。

 

蔵之介は修(工藤阿須賀さん)から月海と会いたいと言われる。

 

月海達は蔵之介の家に行く。

 

そこで、ドレスの仕上げをおこなうのだが、真珠のネックレスを壊してしまう。

 

数百万のネックレスだ!

 

修は稲荷翔子(泉里香さん)に好きな人がいると告げる。

 

ドレスを着た蔵之介を見た月海は次のドレスを作ろうと喜ぶ。

 

帰り道に修と翔子に会ってしまう二人、翔子はニセの写真を見せた!

 

月海はショックでその場から逃げだした!

 

蔵之介は修に謝りに行けと言うが、行かない修に腹を立てる蔵之介。

 

修は月海を本当に好きなのか、わからなくなってしまう。

 

蔵之介が男であることかバレてしまう?

 

修は月海に会いに天水館にやってきた。

 

そして、修は「あなたを守りたかった」と告白した。

 

この先、二人はどうなるのか?どうせ、翔子が邪魔をするのでしょうね。

 

蔵之介は天水館に入れなくなるのでしょうか?

 

海月姫(くらげひめ)予告動画youtube

 

 

海月姫(くらげひめ)基本情報フジ公式引用

 

番組内容
倉下月海(芳根京子)に思いを届けようと、鯉淵修(工藤阿須加)は『天水館』に行くが、ばんばさん(松井玲奈)とまやや(内田理央)に追い返されてしまう。

ばんばさんたちが月海に武勇伝を語っていると、ジジ様(木南晴夏)と千絵子(富山えり子)が帰宅。

こちらは蔵之介(瀬戸康史)が男だと知り『天水館』や月海に近づかないよう言いに行ったが、ちょっと様子がおかしくー。

千絵子は、蔵之介が『ベルサイユのばら』のオスカルだったと泣き崩れる。

政治一家に女として産まれたが男として育てられたと蔵之介がついた嘘を2人は信じ、帰ってきたのだった。

ジジ様たちが北京ダックをおごってもらったと知ったまややは蔵之介に電話。

蔵之介が『バタフライ』というクラブにいると聞くと、まややは蝶マニアが集うイベントと勘違い。

月海とばんばさんを伴い、自分たちもおごってもらおうと『天水館』を後にする。

蔵之介が桐山琴音(最上もが)たちにクラゲのドレスの写真を見せていると月海たちが到着。

そこはオシャレなクラブだった。

月海たちは浮きまくり、琴音たちにバカにされ…。

蔵之介は月海たちを連れ出すものの、傷ついた“尼~ず”は帰ってしまう。

ばんばさんとまややは「蔵之介とは関わらない」と宣言、蔵之介は『天水館』と関わることができなくなってしまうのか。

後日、蔵之介は琴音から「クラゲのドレスを作って欲しい」と連絡を受ける。蔵之介は月海たちに話をするのだが…。

 

出演者
芳根京子  瀬戸康史  工藤阿須加  木南晴夏  松井玲奈  内田理央  富山えり子  ・  泉里香  安井順平  要潤  ・  床嶋佳子  北大路欣也  他

 

海月姫(くらげひめ)ハナガサクラゲのドレス

 

第3話で印象的だったのは、ハナガサクラゲのドレスです。

 

とてもかわいくて、てっきり月海(芳根京子)が着ると思っていたのですが、蔵之介(瀬戸康史)が着ていました。

 

でも、とてもよく似合っていて、かわいくて・・・。

 

瀬戸康史って、きゃしゃで足が細くて、改めてびっくりしました。

 

ドラマの開始当初は、天水館の住人たちの演技やセリフのわざとらしさにすごく違和感があったのですが、だんだん慣れてきて気にせず見られるようになりました。

 

芳根京子もその演技のうまさや可愛さが、じわじわとこちらに伝わってきています。

 

個人的には、「ジジさま」のキャラクターがお気に入りです。

 

ただ、稲荷翔子役の泉里香は、やはり演技がうまいとは思えず、ドラマの中で浮いているように感じます。

 

わかりやすい腹黒さなので言動とかは納得できるのですが、それに騙されるなんて・・・。

 

それだけ、月海や修が世間知らずで純粋だということなのでしょうが。

 

蔵之介の月海への想いがだんだん募ってきています。

 

今回のお姫様抱っこにはキュンとなりました。

 

修にはかわいそうですが、やはり最後は月海と蔵之介が結ばれることを願っています。

 

また、蔵之介の母親の事情も明らかになって、彼の心の傷が癒えることも祈っています。

 

修には、ちゃんとしたまじめな恋のお相手が現れますように・・・。